「最強」仕事術無料レポートダウンロードへ

これまでの手帳術やスケジュール管理術に勝る成果「付箋」で仕事の優先順位を決める仕事術  | 「最強」仕事術

「最強」仕事術無料レポートダウンロードへ 「最強」仕事術・初級編(DVD)
西田光弘 プロフィール

1人ビジネス大学 主宰 西田光弘

西田光弘 年表

全くのコネなし・出版関係の実績なしで出版

アマゾンベストセラーランキング 総合1位

『1人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!』を出版。

アマゾンキャンペーンの黎明期に多くのメルマガ発行者と賛同者に支えられてアマゾンのビジネス誌のみならずすべての出版物30万冊の中で83時間以上連続して1位。

2日間集中25万円のセミナー沖縄で開催も

初めて行ったセミナーは8時間を4週間にわたって行い1万円でした。

単独のセミナー・自社集客・自社運営で120名のセミナー開催

単独のセミナー・自社集客・自社運営で受講費3万円にもかかわらず東京で120名・大阪45名のセミナーを開催。

無料小冊子発行中

  • もっと効率良く仕事ができる。
  • 目標を達成できる自分になれる。
  • 「最強」仕事術の無料小冊子
  • 今すぐ手に入れてください
  • こちらから

情報共有掲示板

付箋塾塾長ブログ

「最強」仕事術とは

無料レポートダウンロード

セミナー教材

「最強」仕事術Q&A

このサイトに関する情報

「最強」仕事術を実践した人の声

「最強」仕事術を実践した人の声

「西田さん この仕事術の効果は すごいです!」 の声が続々届いています。


「西田さん聞いて下さい。私はこの仕事術を身につけてTO DOが圧倒的に増えました。ビジネスのことだけでなく、生き方や取り組む姿勢、考えなければいけないことが見えつつあります。このところルーティンワークに振り回されて、脳が考えることをしなくなっていました。自分の棚卸し、最初からやりなおしてみます。今の嘘っぱちのやらなくてもいいToDoに振り回されないように 」

市村 繁三 さま



「今まで受けた仕事術の中でお世辞を抜きで一番感動(?)、一番ために なりました・・・、ありがとうございました。 本当にこの仕事術を知って良かったとおもっております。頑張って、「To Do」をいっぱい貼り付けて、人前でフランクリンが開けるようにします。」

田子 明博 さま



最近、この仕事術を今の仕事に活用してます。 仕事に対する意識も少しずつ変わってきております。以前は生活費を稼ぐためだけの手段として自分の仕事を捉えてきました。だから仕事では必要以上のことをするのは損だと考えてきました。
もらっているお金以上のことをするのは自分にとっては損だという。つい最近ですけど、それは違うんじゃないか?ってやっと思えるようになってきたんです。

「ありがとう」と言われた時の嬉しい気持ちも確かな報酬なんだろうなと思えるようになってきました。そういう意味も含め、仕事上で小さくても良いからゴールを一杯作ろうと思い始めております。

久田幸司さま

目標からTo Doへの落とし込み・チームマネジメントと盛りだくさんで今は頭がいっぱいです。目標設定と日々のTo Doが自然にシンクロしていく仕組みが今までにない深いものだと感じました。

大森 洋輔さま



この仕事術を利用して良かったのが 「物事に優先順位をつけやすくなった」事です。この仕事術を活用するまでは、あれこれもどれもそれも(笑)と言うように手つかずの状態にあたふたしていました。 優先順位を視覚的に確定させることで、「まずはこれから!」という 風に仕事が進めやすくなったのはとても心地がいいです。「俺、けっこう色んな事やってきたんだなぁ。前に進んでるジャン」と自分を勇気付けられるので、とても重宝しています。

渡邊 孝さま

はじめ見よう見まねでやっていく中で細かい疑問がすべて氷解しました。同時になんと奥深い、人間への洞察の深いノウハウなんだろうと感動しました。理論化されていることで感情に振り回されず、けれど感情をとても大切にされているセミナーに感動です。 

飯島 義隆さま

西田さんこの仕事術はすごいですよ。今まで数多く10冊以上の仕事術の本を読んでは試してきましたが、ここまで成果が上がる仕事術は今までにないです。具体的に言うと、1週間ごとに振り返りが必然的に行えることやモチベーションが下がらずに目標を追いかけることができることがとても大きいです。

高橋啓二さま

この仕事術すぐに始めたいと思います。楽しんでやっているさま子など色々聞けて自分でもできそうだと思いました。楽しみながらできる言うのはすごくいいことだと思います。

沖野 陽子さま

目標を明確にすることができました。この仕事術を使うことによって今まで難しいと感じていたこと(目標・今日やること。優先順位)が実は簡単なことだと気が付きました。この仕事術はやることが明確になり、あとは行動するだけなので行動に対して足踏みしない自分になれたと思います

片延 浩一郎さま

知っていたのですが、実行してみてびっくりしました。今までこんなに使える技を見過ごしていたなんてちょっとガッカリでした。モチベーションの観点からも考えられている”フセン仕事術”は新しい一歩を踏み出させてくれました。

渡瀬さま

頭のカスに着目することがなかった為、常にその場しのぎであって、狭い視点の中での仕事をしていた。本当の目標を意識して行動を心がけることの大切さをもう一度実感でき、行動におとしこめる自信がついた。

山根 正史さま

プライオリティのつけ方が明解に示されていて、目からウロコが落ちた思いです。これまで、独学でやってみたことがあったのですが、そんなものは消しとんでしまいました。自分のやり方で成功しないのであれば、まずは成功している方のやり方をまねてみる。そして成功者の思考回路を少しでも自分にインストールすることができればと思います。

高橋 優輝さま



仕事術というと表面的なノウハウのような感覚がありましたが付せん術がそういう単なるノウハウでなく哲学であることにおどろいた。ノウハウと生身の次文が1つになったような気がする。

大森 俊紀さま

スグに使えるところが気に入りました。気づきながら整理できて、右脳が働くカンジです。

日野 大介さま

目先の事に追われ、今日やっている事が将来の成功につながっているか不安でした。それが無理なくクリアになり、やる事が明確になり、目標も達成出来ます。

凡人でも実践可能なノウハウを得たので満足しています。コツコツ時間をかけてでも地に足がついたビジネスをできるのではないかと感じました。

ふせん術を学んでこれから自分の仕事に生かせると思う。自己不信の脱却に向けての一歩となった。

自由度が高いことがわかり、今の自分のやり方を大幅に変更する必要はなさそうなことがわかってよかったです。

手帳はいつも長続きしませんでした。自分が進みたい方向も、この仕事術を使えば明確になっていくと思うので実行します。

似たような仕事術の本はたくさん読んできました。シンプルに成功体験を脳にすりこむ。これが大切なことだと思いました。早速挑戦してゆきたいと思います。また私自身もさらにストレスを回避して仕事に専念できるようなアイデアをみにつけてゆきたいと思います。

毎日の仕事の進め方、また中長期的な仕事の計画のうえですぐ取り組んでみたいと思った。シンプルですぐに始めることができるようになっているのがたいへんいいと思った。

今まで、ただメモ帳に書いて終わったら○○(←上から線をひく)このように線を引いていた管理法でしたが、この仕事術によって時系列管理、達成感、といったものを加えることができました。

シンプルかつ効果的な術、期待以上でした。少しずつ普段の生活、仕事にとり入れて行きたいと思います。今まで色々ためしましたが、いずれも複雑で凝っているわりには続かない、効果のないものばかりでしたが、これなら続けられそうです!ありがとうございました。

目標を明確化することが出来た。ふせんを使うことによって、今まで難しいと感じてた事が(目標・今日やる事・優先順位)が実は簡単な事だと気付いた。このふせん術はやる事が明確になり、後は行動するだけなので行動に対して足ぶみしない自分になれたと思う。

目標設定からそれを実行に移すまでのフレームワークが明快にわかりました。付箋を使うということで実行しやすく、修正もしやすいため非常に工夫されていると思います。積み重ねていけば大きな成果が期待できそう。

QC活動の際に「PDCAを回すことが重要だ」と口すっぱく教えられてきました。ただPとDはあって、時間に追われてあっという間にAだったということの連続でした。付箋を使うことによって、色が変わっていない付箋で工程の確認ができるかどうか取り組んでみます。

夢、ビジョンの達成に向けて、これから日々やる仕事の細分化がクリアーになりました。またTo Doを細かく書き出すことで頭の中がすっきりしました。出来た事に対して焦点を合わせ、夢の実現に向けて進んでいけます。

「夢の実現」と「仕事術」がこんなに密接な関係にあるのか、と感心しました。

「最強」仕事術が単なる仕事管理ツールでなく、自らの価値観の明確化や、「本当にやりたい目標」の洗い出しに役立つとても奥の深いコンセプトに基づいたツールであることに驚きました。考えの深さにびっくりするとともに、これを知らなかったら怖いと思いさえします。それ位スゴイメソッドです。

→今すぐ「「最強」仕事術」を解説したDVDが欲しい